« アイン・プロージット | トップページ | 早いもので! »

2010年5月17日 (月)

碌山美術館

100515_1054001
100515_1041001


100515_1055001


100515_1127001


100515_1144001


予定を変更して週末、穂高の碌山美術館に行ってきました。

大学時代、友人と訪れた頃は回りは畑や田んぼでした。

その後、仕事できたのが40代、隣の穂高東中学校でのコンサートの合間でした。

そして今回は3度目の来館。

友人と訪れたお蕎麦屋さん、健在でした。わさびそばが最高!

30歳で他界した碌山は新宿中村屋の庇護を受けて新宿角筈にアトリエを建て、制作に励みました。

その作品は、生命がみなぎりとても心臓が弱い人のものとは思えない力強いものでした。

中村屋で吐血し死亡といわれていますが、現在は砒素による動脈瘤破裂が死因ともいわれています。

若くして亡くなった人のことを思うと、父の死と重ね合わせてしまいますが、いずれにしても病気で亡くなるのはつらいですね。

■6月3日(木)「アイン・プロージット」新宿白龍館(詳細は右のサイドバー「白龍館」をクリックしてください)
「アイン・プロージット」というイヴェント名です。ご予約お待ちしております。
出演:
清水 菜穂子(sop)
三橋 千鶴(mez)
髙野 二郎(ten)、
追分 基(bar)
安田 裕樹(pf)
今は無き、ドイツ・ビアレストラン銀座アルテリーベに出演していたメンバーによる当時のままのスタイルによるビア・ライヴをそのまま白龍館で再現!!
当時を知る方には懐かしく、知らない方には新しい、楽しいひと時をお過ごし頂きます。さあ、あなたもアイン・プロージット(乾杯)!
チャージ:2000円 (+ドリンク、お食事オーダー別)

■12月19日(日)ドボルザーク作曲」「スタバト・マーテル」ルネ小平(詳しくは後ほど)

Banner2_26
毎日クリック

|

« アイン・プロージット | トップページ | 早いもので! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108175/48385257

この記事へのトラックバック一覧です: 碌山美術館:

« アイン・プロージット | トップページ | 早いもので! »