« 春! | トップページ | アイン・プロージット »

2010年5月 1日 (土)

父の死

まだ実感がわかないのですが、昨夜父の夢を見ました。

死後11日目の夜でした。翌日(今日)は姪の初月給で家族にご馳走してくれる日だったのです。
そんなことを知ってか知らずか夢の中の父は車の後部座席に私と座ってご機嫌でした。

なーんだ、やっぱり死んでなんかいなかったんだ!と勘違いするほどリアルファーザー!でも翌朝、父の姿は有りませんでした。

なぜ49日もすまないうちにこんなイベントをやるのかというと、実は先月、彼女の就職祝いをするはずだったのが、父の具合があまり優れないのでお流れになり、そのとき「自分はお祝いができないから初月給が出たらこのお金を足して皆ににご馳走してやりなさい」と金一封を託したということを姪が話したからでした。

父は4月19日、八重桜の咲き誇る桜新町の葬儀会場でたくさんの友人、知人、教え子たちに見送られて旅立ちました。

81歳、もっと長生きしたかっただろうに、そう思うと短い一生でしたが、まだ言葉がしゃべれるうちに「やりたいことはやりつくしたので思い残すことはない。いい人生だった」といってくれました。

人一人が亡くなるということは大変なことです。まだやらなければならないことが沢山あって、実感がわきませんが、父と歩いた散歩道やなじみの店に一人でいる自分に気がつくと寂しさがあふれます。

月日が悲しみを忘れさせると言いますが、思い出がありすぎて当分は無理な気がしますが、忘れないでいることが今の私にできる父への供養だと思っています。

父は私にとって特別な存在でしたし、誰よりも愛してもらい心配もかけた娘でした。

両親を見送ることは子の勤めとはわかっていても、親は死なないものだと思っているのも真実なような気がします。

「親孝行、したいときには親は無し。」
よくいったものです。悔いが残ります。

力の限りで家族を守り抜いた父に報いるためにも精一杯、丁寧に生きていこうと思います。

年頭にひいたおみくじが「凶」だったのはこのことだったのかしらと不思議な気持ちです。

写真は姪が通っていた大学がある神楽坂でフレンチの店を予約して、ご馳走してくれたお料理です。これに大事なデザートとコーヒーがついていたのですが、家族で盛り上がりすぎて撮るのを忘れました!
蛍烏賊のサラダ
100501_1248001

にんじんの冷製スープ
100501_1318001

魚のポワレ
100501_1346001

これはピンボケですが、毘沙門天の藤棚です。
100501_1531002


■5月6日「アイン・プロージット」新宿白龍館(詳細は右のサイドバー「白龍館」をクリックしてください)
「アイン・プロージット」というイヴェント名です。ご予約お待ちしております。
出演:
清水 菜穂子(sop)
三橋 千鶴(mez)
髙野 二郎(ten)、
追分 基(bar)
安田 裕樹(pf)
今は無き、ドイツ・ビアレストラン銀座アルテリーベに出演していたメンバーによる当時のままのスタイルによるビア・ライヴをそのまま白龍館で再現!!
当時を知る方には懐かしく、知らない方には新しい、楽しいひと時をお過ごし頂きます。さあ、あなたもアイン・プロージット(乾杯)!
チャージ:2000円 (+ドリンク、お食事オーダー別)

■12月19日(日)ドボルザーク作曲」「スタバト・マーテル」ルネ小平(詳しくは後ほど)

Banner2_26
毎日クリック

|

« 春! | トップページ | アイン・プロージット »

コメント

昔、ちぃ姉さんとお仕事を良くご一緒させていただいた頃、明るくて楽しいお父様のお話をたくさんうかがった記憶があります。

こんなに良くお父様のお話をするちぃ姉さんは本当に愛されて大切に育てられたのだろうと感じました。
愛するご家族に囲まれて人生をまっとうされたお父様は幸せに旅立たれたことと思います。
私の父が亡くなったときも、それから何年もの間なぜかいつもそばにいるような気がして
いました。きっとお父様もそうだと思います

ご冥福をお祈りいたします

投稿: aki | 2010年5月 1日 (土) 22時36分

akiちゃん、コメント有難う。ご無沙汰しておりますがお元気でご活躍のご様子、嬉しいです。
父は一生死なないと本当に思い込んでいたので、狐につままれているような感じです。
毎日が慌しく過ぎていきますが、健康第一!
お互い元気で頑張りましょうね!
(なんて、今頃になって風邪ひいちゃって面目ない!)

投稿: ちい姉 | 2010年5月 2日 (日) 14時49分

今までのブログを読みましたが、ちい姉さんは本当に親孝行をしていると思い、尊敬をしています。私も早く親に楽をさせてあげられるようにしたいです。ご冥福をお祈りいたします。コメントのお返事のことは気になさらないでくださいね。

投稿: モモ | 2010年5月 3日 (月) 07時40分

ももさん、ありがとう!
親元を離れて生活をしたことがないので、近くにいすぎたせいでしょうか、親孝行した記憶がないんです。
親より長生きするのが親孝行ともいいますが、忙しさを理由にどこへも連れて行ったことがないし、・・・。連れて行ってもらったことはたくさんあるのでこれじゃ何にもならないしね(笑)!
今は写真を見ながら残された家族で大笑いしてます。
ご両親のこと、大切にしすぎることは無いといなくなってから感じますから、ご存命中にできる限りのことしてあげてくださいね!
どんなに些細なことでも親はものすごく喜んでくれるものです!

投稿: ちい姉 | 2010年5月 3日 (月) 11時32分

私も親元を離れて生活をしたことはありません。私の両親は私が早く結婚することを望んでいるようです。私には付き合っていた人はいましたが、去年の1月に別れてしまいました。声楽ももちろん、新しい恋が始まるように頑張りますね。

投稿: モモ | 2010年5月 3日 (月) 15時40分

娘が思う存分自己実現して活躍するのを見る
のは、父親として嬉しいことだったのでは
ないかなと思います。
お父様のご冥福をお祈りします。

投稿: funako | 2010年5月 5日 (水) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108175/48234953

この記事へのトラックバック一覧です: 父の死:

« 春! | トップページ | アイン・プロージット »