« 父の死 | トップページ | 碌山美術館 »

2010年5月 8日 (土)

アイン・プロージット

5月6日(木)、アイン・プロージットの旗揚げは満席のお客様で埋め尽くされ、温かい雰囲気で1回目を終えることができました!beer

アルテリーベを愛するお客様、それぞれの歌い手のファンの方、音楽が好きで駆けつけてくださった方等、予約無しのお客様がかなりおられたようで、店もてんてこまい!full

名物のトマトタンメンも2ステージ前にスープ切れで終了!嬉しい悲鳴です。(おかげでまかないのトマトタンメンが食べられなかった!noodle残念、その代わり飛び切りうまい餃子やらたくさんだしてもらっちゃいました。やった!)restaurant

アルテクローズ後、久々のステージで出演者全員緊張気味!(笑)

座敷席もあり、大きなテーブルが2つ、小さいテーブルが1つのスペースに約50名!で、サーブしてくれる従業員が狭い中、身体をくねらせながら給仕をしていることを含め、厨房、フロアー、演奏者、お客様、全員で作り上げるライブと言う感じが、味わったことのないようないい雰囲気で嬉しかったです。happy01

ご病気療養中のマスターも、この日は厨房に入られ、ときには一緒に歌ってくださって感激でした。sun

昨年三軒茶屋でやったコンサートをプロデュースしてくださったピアニストのMさんと、調律師兼プロデューサー?のMさんも来て下さいました。
なんと白龍館のマスターとは30年来のお友達だそうで、このスペースでピアノを弾かれたりしている仲とお聞きし
、びっくり。

父が亡くなってはじめての本番、おまけにGW中は風邪で寝込み、連休明けの朝一で医者に駆け込み、今晩本番!と伝えたら「今晩のことは保障できないが」と言われ益々不安が募りながらのコンサートでしたが、お客様の
パワーと共演者の協力で無事歌いきることができました。

翌日の9時から講座も何とか声が持ってくれて一安心の休日です。

でも、まだ宗教曲っぽいものは辛いと言うことも経験!

大丈夫と思って選曲した「PIE JESU」でしたが、途中急に父のことがよぎってしまい・・・・。
デュエットなので迷惑は掛けられないと必死で、腹筋が尋常でないくらい頑張ってくれました(笑)

徐々に回復したいと思います。

次回は6月3日(木)です。

月一の楽しみが増えました!

■6月3日(木)「アイン・プロージット」新宿白龍館(詳細は右のサイドバー「白龍館」をクリックしてください)
「アイン・プロージット」というイヴェント名です。ご予約お待ちしております。
出演:
清水 菜穂子(sop)
三橋 千鶴(mez)
髙野 二郎(ten)、
追分 基(bar)
安田 裕樹(pf)
今は無き、ドイツ・ビアレストラン銀座アルテリーベに出演していたメンバーによる当時のままのスタイルによるビア・ライヴをそのまま白龍館で再現!!
当時を知る方には懐かしく、知らない方には新しい、楽しいひと時をお過ごし頂きます。さあ、あなたもアイン・プロージット(乾杯)!
チャージ:2000円 (+ドリンク、お食事オーダー別)

■12月19日(日)ドボルザーク作曲」「スタバト・マーテル」ルネ小平(詳しくは後ほど)

Banner2_26
毎日クリック

|

« 父の死 | トップページ | 碌山美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108175/48303392

この記事へのトラックバック一覧です: アイン・プロージット:

« 父の死 | トップページ | 碌山美術館 »