« 今年もさくら! | トップページ | マクベス夫人 »

2009年4月12日 (日)

三文オペラ

行ってきました、シアターコクーン!

大好きな「三文オペラ」を観に。

過去日本で上演された殆んどの舞台を観てきました。

観れば観るほど、この作品の演出の難しさを感じます。

今回は音楽が・・・。

悲しいかな、オリジナルではなくアレンジされて、マリンバに、ピアノにアコーディオンにサックスに電子楽器がはいっていて、思い描いていたような、サウンドが聴かれなくてちょっとがっかり。

あのレトロなバンジョーの響きがない!代わりにエレキギターの音色が!

三文の雰囲気が・・。といっても時代は日々変わっているのですから自分が古い人間になってしまったのかとちょっとショック!

言葉も良く聴き取れないし、ならば、あの原語(ドイツ語)の響きで観た方がよっぽどよかったのではと思うぐらい。

以前、東ドイツから引越し公演で上演されたものは素晴らしかったんですがね。

オーケストレーションもシンプル、この作品の意図するところが、日常語ではないドイツ語であったにもかかわらず、きちんと観客に伝えられていました。

この差は何なのでしょうか、伝統の差なのでしょうか。

演劇人としての肉体訓練、歌い手としての声楽的訓練、一つの作品を毎回オーディションで選んで一から造って行くのと、劇団と呼ばれる集団で同じ訓練を共有していき、作品を作り上げていくのとどちらが良いともいえないのですが、先月観た「新幹線」の「かげろう峠」はクオリティーが高かった気がします。

やっぱりじっくり時間をかけて練り上げたものは見ごたえがありますから、何度も再演を重ねていけばそれなりの質の高さが得られてくるかもしれませんね。

その点、楽日が楽しみかも!

しかし、昔から上演され続けているものは、演出のアイデアも出尽くして、新しく作り上げて行くのは並大抵の才能では駄目なんだろうな。

でもいい作品は、やり続けられるのだから今後も三文の追っかけは続けます!

4月18日(土)洗足ミュージックショウケース(洗足学園ブラックホール内、ビッグマウス)
5月1日、4日、、7日、10日オペラ「ムツエンスク郡のマクベス夫人」(カヴァー)新国立劇場
7月31日(金)大森ベルポート「ビアライブ」
9月洗足学園マスターズコンサート出演予定
12月5日、6日オペラ出演予定
12月25日大森ベルポート「第九」


Banner2_26
毎日クリック

|

« 今年もさくら! | トップページ | マクベス夫人 »

コメント

ちぃ姉さん、ご無沙汰しております。
実は私も3日前にコクーンの「三文オペラ」観てきました。
私は何でもオーソドックスなものが好きなんです(頭が固いとも言いますがcoldsweats01)。
でも最近、“やはり時代は動いている、現代も見つめねば!!”と行動し始めたのですが、、、なんとも複雑な思いの日が続いております。
うまく言えないのですが、感動するものは、個人の感性や価値観を抜きにしても感動できるような気がする、、、今はこんな風に感じます。
なんだか知ったかぶりな事言ってすみませんbearing
ちぃ姉さんのエネルギーを頂きたい、、、そんな気分のゆかちんでしたheart01

投稿: ゆかちん | 2009年4月12日 (日) 23時45分

ゆかちん!ご無沙汰です!
そうですね!オリジナルを越えるものはよほどでないとね!
時代にあった演出はあって当たり前だけど、時代にあったアレンジもあって当たり前なのかも知れません。が、オリジナルがどんなものなのか知らない人が殆んどの中で、「あれがワイル」と思われるのがどうにも辛い!
ゆかちんのいうように、感動は価値観越えて生まれてくるものですよね!

投稿: ちぃ姉 | 2009年4月14日 (火) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108175/44651979

この記事へのトラックバック一覧です: 三文オペラ:

« 今年もさくら! | トップページ | マクベス夫人 »